なみわい第1期目の決算が終わりました

なみわい福岡です。普段はなみわいのWeb担当として、主にディレクションやホームページ制作を行っていますが、組合員唯一の総務・経理経験者ということで、会社の会計まわりも担当してます。

今回は、デザインとか全然関係ない、堅い内容。

企業組合の会計

企業組合は特殊法人というカテゴリに入ります。企業のように振る舞える組合ですので、業務内容的には株式会社や合同会社と変わりはありませんが、組織のあり方や、会計基準が普通とは微妙に違います。

一方、総務・経理経験者と言っても私が経験してきたのはコーポレートではなく株式やファンドの経理事務。ましてや企業組合は前述の通り特殊で、情報もなければ相談する相手も少なく、最初の頃は会社をやめようかと思うくらい四苦八苦。相性悪いのか?と思いましたよ。

でもですね、仲間4人で立ち上げた法人、それなりに意義があるというかビジョンもあるし、法人にしたことのメリットも多く、楽しくなるのはこれからのはずで…。もう、頑張るしかないじゃないですか。

そういうわけで、企業組合の決算をクラウド会計でさっくりとやってくれるIT寄りな千葉県内の税理士さん(見つかったのは奇跡!)を探し、組合会計の勉強会に行き、毎月の経費精算や月次決算、経費支払い、小口現金管理と、一年間何とか無事に回してきました。

会社のバックオフィスを家に例えると…柱かな?基礎というほどではないにしても、しっかりしていなければだめだと思うんです。それがちゃんとしているからこそみんなが安心して働けるし、会社が大きくなっていく過程で困らないようにしておきたいなと。

企業組合の決算

さて、そんな中、初めての決算を迎えたわけですが、決算書類作成や税務申告は会計士さんがやってくれたので特に問題なし。会計士さんも特殊法人ということで苦労されたらしいですが…。

それで、普通の会社であればこれで終了なのですが、私たちの場合はこれに加えて「行政への報告」義務があります。都道府県知事の認可組合なので、決算のときは事業報告書を作成してお届けしなければならないのです。

  • 事業報告書
  • 次年度予算
  • 総会議事録や理事会議事録

などを揃えて提出します。決算しながら次年度予算作るとか!事業報告書に経済ネタや時事ネタを入れるとか!該当年度に起きたことを全部書きだすとか!

…来年はもう少し効率よくできるでしょう。。

決算はもちろん、行政への報告を考えても、日々ちゃんと管理しておかないと本当に大変なことになりますね。そういう意味ではちゃんとやっておいて良かったと自画自賛したのでした。


何も文句を言わずに私の提案や意見を受け入れてくれるメンバーにも感謝!来週は打ち上げだー!

Photo by Shinichi Arakawa

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です